相続税の計算における債務の除外

ビル

相続税を計算するにあたって、被相続人が借入金などといった債務を残していたという場合には、その金額が遺産の総額から差し引かれることになります。
被相続人が亡くなったときに債務が確実であったものについて、差し引くことができます。
被相続人に課税されている税金として、被相続人が亡くなったために相続人が納付、徴収することになった所得税などは、亡くなったときに確定していないものについても債務という扱いで、相続税の計算根拠となる遺産総額から差し引かれます。
あくまでも相続人としての責任のもとに納付、徴収される延滞税、加算税などについては、遺産総額から差し引くことのできないものとなっています。
なお、債務でない葬儀の費用についても遺産総額からは差し引かれるものとなっています。

会社設立のご相談承ります。

破産する前に出来る再生術!

電話相談・メール相談承ります。

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

相続税から引かれる葬儀費用と引かれない費用

相続税を計算するにあたって、相続人や包括受遺者が葬式費用を負担したという場合には、その費用が遺産総額

葉っぱ

相続税が課税される相続税の範囲

相続税が課税されるのは、相続人である方に対してということになります。
相続人の範囲については、

ほほえむ女性

相続税計算のための評価

相続税を計算するにあたっては、相続する土地、建物などについてそれぞれ評価しなければなりません。

髪を掻き上げる女性

相続税と財産の所在

相続税の対象が決められるにあたり、相続財産を取得した方が外国で暮らしていて、日本に住所がないという場